ホーム >STEM CAFÉ > 文学女子から宇宙女子へ!

STEM CAFÉ

STEM CAFÉ

STEMとは?
Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の
頭文字です。科学、技術、工学、数学の学びの世界を現役大学生、女性研究者たちに
お話しを伺い、STEM CAFÉでお伝えします。

文学女子から宇宙女子へ!

ようこそ『STEM CAFÉ』へsign01第1回目は『Happy Technology』創刊号からの読者で、来春から宇宙関係のお仕事で社会人デビューをされる飯田彩乃さんを紹介します。
130929-6_2a.jpg

飯田 彩乃さん

早稲田大学基幹理工学部 機械科学・航空学科4年生 静岡県出身(←星がきれいな街)

【子ども時代について】

航空学科にいらっしゃるということですが、どういうお子さんでしたか?

今理系ですけど、父も母も本がすごく好きで、家に村上春樹全集とかあるようなるような家庭でした。古典とか文学が好きで、あまり理系のものは読みませんでしたが、星とかはよく見ていました星 のデコメ絵文字

勉強は好きでしたか?

う〜ん。文章を読んだりするほうが好きでした。当時は算数とかあんまり得意じゃなかったけど、公文に通っていたので、計算はすごく得意だったんですよ。ただ、おっちょこちょいで大雑把な性格だったので、計算ミスとか、テストでかなり凡ミスをして親に怒られていましたねcoldsweats02 いまだにすごく言われます。あの頃も今も計算ミスばっかりしていて。

【理工系へと進むきっかけ】                       

それがどのように、理系に変わっていったのですか?

そうですね。中学に入ったときに兄が薬学部に進学し、うちって皆文系一家だったから、私の家でも理系に行けるんだと実感してからです。兄妹すごく仲がよかったので、最初は兄と同じ薬学部に進みたいって思っていました。

それで理系の分野の勉強を始めたり、進路を調べ始めたりしたのですか?

進路は調べ始めましたね。大学はやっぱりここあたりがいいなとか。地元に1校薬学部があり、そこにしようかなと考えました。その頃は英語も好きでした英語 のデコメ絵文字 中2のときにオーストラリアに1か月くらい留学して、いろいろな国の人と話せるといいなと思い、語学にも興味を持ちました。薬学部か語学を活かす方に進むか迷っていましたね。

【中高生時代の部活動】

中学時代、頑張っていたことはありますか?

通っていた中学と高校の競技かるた部が、入学する3年くらい前に全国1位をとっていました。古典が好きというのもあり「かるたしたいsign01」って思い競技かるた部に入り、1年間頑張ったのですが、才能ないなって(笑)

それから、友だちがいた関係で化学部に入りました。そこでは「香水を作ろう」というテーマを持って、毎日化学室で混ぜたりしていましたね実験 デコメメ絵文字 臭いのばかりできて、嗅覚がおかしくなってきて・・・柑橘系っぽいのやあとはヨーグルトを更に発酵させたようなのは成功例!?(笑)授業の実験では使わない危ない薬品とかもあって、そういうのも先生がいる中で触れたりして・・・面白かったです。皆で何かを作るっていうのは良い体験でした。いまだに一緒にやっていた友だちに会うと、あのときは大変だったねって話になります。

【ウィンター・サイエンスキャンプへの参加】

進路選択で、理系進学を決定づけたものは何でしょうか?

高2の冬休み前に、学校のチラシで見つけたサイエンスキャンプに参加したことです。行く先が、『高エネルギー加速器研究開発機構』という所で、ちょうどノーベル物理学賞で日本人研究者が3人受賞した年だったんですね。「これは行くしかない」って・・・「会えるかも」っていうのもあって(笑)結局会えなかったんですけど。これがきっかけで、「宇宙っていうのが自分の中でひとつキーワード」になりましたロケット デコメメ絵文字 ちなみにこのときにいた3人くらいが宇宙系に進んでいて、やっぱり皆同じ進路を辿ってるんだって嬉しくなりました。

高校のときに出会った化学の先生が「理系に行ったほうがいい」とずっと言ってくれていました。私としては理系科目が全然伸びなかったので、向いてないかもってすごく迷っていた時期でもあり、でもその先生がすごく励ましてくれ、いいところを見つけてくれました。それで先生のアドバイスに従ってやっていたら人並みくらいにはできるようになり、自信がついてきました。やっぱりできると面白くって、できないと大嫌いって思いますからね。

サイエンスキャンプをきっかけに、学部学科を決めた感じですか?

そうですね。学部を決めたのは高2の冬です。ちょうどその前に物理が面白くなってきた頃で、物理か化学かどっちにしようかと迷っていました。ただ私がすごくよくしてもらっていた化学の先生の影響もあり、化学(薬学)のほうの研究もいいなぁって・・・化学って色で判断するというイメージがあり、女子にはすごくいいと思いますが、私は数字で出すほうがいいなっていうのがあり、「ひとつの答えしかない」みたいのが好きだったので。性格的に大雑把なくせに白黒つけたがる―まさにそれを反映した進路選択になった気がします(笑)

そして物理系の何かにしようと。だから工学の中で、ロボットとか飛行機とか。でもやっぱり自分の中では宇宙について学びたかったので、「飛行機か宇宙だな」っていうことで今の学科を選びました。とりあえず飛行機と宇宙どちらを選んでも、やっていることはあまり変わらないんです。場所が違うけど使うものは一緒というか。航空と宇宙って基本的にセットにされるので、概念的には同じです。宇宙をやってなくてもとりあえず航空に行けば、宇宙関係の知識は同時に勉強するので、この学科だったら大丈夫だろうと思いましたロケット のデコメ絵文字


130929-2cut-1.jpg

サイエンスキャンプ http://www.jst.go.jp/cpse/sciencecamp/


【大学選択について】                          

進路選択のときに、家族に相談しましたか?

『目標の研究と仕事』のために、ココっていうのが自分の中にありました。それから母親に、「機械科の就職は大変そうだから、薬学部に行けば」って言われてよくケンカもしました。「ここくらいの大学に挑戦してみれば」って逆に言われて、「じゃあここに行きたいsign01」言い、その中から選んだっていうのはありますね。模試のとき私が書いていたのってすごく変で、国立の工学部1校、私立の工学部2校、あとは薬学部とかで。よくわからない受験の仕方でした(笑)でも使う科目は一緒なので。

結構衝突もありましたね。いまだに、当時を振り返って「よくケンカしたよね」って(笑)「結果的に工学部でよかったね」って言われると「いや反対していたじゃない」って思いますcoldsweats01

【大学入学後の生活は?】

受験勉強を乗り越えて、大学に入ってからはどうでした?

大学に入ってからのほうが大変でした。問題を解く時間は高校よりありますが、質が違う。わかる人はすぐわかって、わからない人はいつまでもわからない。周りができる人ばかりで最初は凹んで。学年で上から何番とか。周りができた分、私は凹んで、その結果がんばらなくちゃいけなくなったというのはいい経験でしたけど。

勉強時間は増えましたか?

減りました(笑)東京に出てきてできることも増えて、友だちと遊んだりサークルに入ったり、あとは理系の女の子で集まってイベントしたりする『学生団体・凛』に入ったりして。人と話すのが好きで、「この人と話したい」×「この人と話したい」とかってやっていたら時間がなくなって。1年前期は高校の受験勉強の影響もあり勉強していたのですが、1年後期はサークルや『凛』のしわ寄せがきて、難しい上に勉強時間なかなか取れず。2年生の専門課程からはやや厳しめなので一年発起しました。今も頑張り中ですけどガンバローのデコメ絵文字

どのようなことを学んでいますか?

機械科の四大力学のひとつ『流体』について学んでいます。計算が多い分野です。私は「イメージせよという分野である材料力学」が苦手で。「こういうのを絵に描いてイメージせよ」と言われても、まず絵が描けないから全然イメージできなくて(笑)どこに力が入っているとかも、全然ピンとこなくて。だったらゴリゴリ計算しているのが、いいやって思ったので流体を選んだのです。実際計算だけというわけでもないのですが・・・ロケットの開発・・・自分には作る側が向いていると思って。


【理工系進学希望の女子中高生へのメッセージnote

是非理工系に来てください。就職活動を通して実際に研究でも、仕事でも理工系女子の需要は上がっていると実感しました。活躍するのは大変かもしれないけど、その分『やりがい』があると思います。いつも自分に言い聞かせているのは、「遠い目標があっても、近くのことをまずやるしかない。いかに近い目標のものを一生懸命やるか」だなって。先輩に言われたのは、「短期中期長期で、目標を書いておいて、短期のものからやって、中期のもので何ができるかなとやって。トントントンってステップを作っていく」といいと。多分勉強もそう。まずできることから頑張ってください。私も頑張ります。


To be continuedheart04

photo by 中村 美鶴


 


2013/12/03 00:12:00

文学女子から宇宙女子へ!
次の記事:宇宙女子と地球女子のガールズトーク»

このページのトップへ