ホーム >STEM CAFÉ > 繋がる理系女子 理系女子大生コミュニティ 『凛』

STEM CAFÉ

STEM CAFÉ

STEMとは?
Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の
頭文字です。科学、技術、工学、数学の学びの世界を現役大学生、女性研究者たちに
お話しを伺い、STEM CAFÉでお伝えします。

繋がる理系女子 理系女子大生コミュニティ 『凛』

『凛』は2010年慶應義塾大学理工学部在学中の辻 瑞恵さんが「理系って、『情報がほしい、外の世界に踏み入れたい』と思っても、実験やレポートなどで大学に良くも悪くも拘束されがちな環境にあり、そのうえ、理系女子はもともと数が少ないから、理系女子のための情報なんかはもっと少ない。そこで、そんな理系女子たちの情報提供源になりたい」と思い立ち上げた団体です。
メンバーの活動期間は2期(4月スタート~3月まで)
今回は4期の代表佐藤さんと副代表中原さんからお話を伺いしました。
main.jpgL⇒佐藤 真柚さん 首都大学東京 大学院 理工学研究科 物理学専攻 修士1年
R⇒中原 佐彩さん 慶應義塾大学 薬学部 薬学科 4年生
【凛について】 
凛代表としての想いをお聞かせください。
佐藤:4年生の4月から代表として「理系が広がっていくこと、理系が繋がっていくこと」を受け継ぎ、独自のカラーをだして活動しています。活動の中で「いろんな理系女子について知って欲しい。いろんな可能性があることを知って欲しい」同じ理系でも分野が違うと理解できない部分もありますが、視野や考え方が広がってきます。凛を使って理系女子の可能性を広げていきたいと思っています。
なぜ凛に入ったのですか?
中原:大学に入学してから、薬学部の子は忙しくて途中で辞めてしまうからとサークルへの参加を断られたり、同じ理由でバイトも断られたり、理系ということが不利になっていると感じることが多々ありました。それ以来、理系を強みに何か活動したいと思うようになり、2年生の春から凛に参加することにしました。
佐藤:1、2年の頃は個人的な活動が中心で、バイトをしてそのお金で旅行に行ったりしていました。2年生になって将来は院に進むか就職するかと悩み、今までやっていなかった団体の活動に興味を持ちました。せっかく団体に所属するのなら自分の進路に関連する「理系」というテーマで活動している団体に入ろうと以前から知っていた「凛」を選びました。

【凛の活動について】
活動していてよかったと思うこと、大変だったと思うことは?思うときは?
P3140002-1.jpg
中原:よかったと思うことは、この2年間で素敵な人にたくさん出会えたことですね。「理系女子」というワードだけで、多くの人が協力してくれ、賛同してくれて「理系女子の未来は明るい」と思えるようになりました。凛の活動を通して、心から理系女子でよかったと思えるようになりました。
佐藤:この2年間大変だったこと楽しかったことが多すぎてどれをというと難しいですが、やはり人をまとめることは大変だったことの1つです。それぞれの考え方があって、全員が同じ方向を向いているわけではないので、その中で皆で話し合い最終的に1つの結論に持っていくという経験は他ではできない貴重なものだったと考えています。
今後の活動についてお伺いします。
佐藤:私たちはこの3月で引退ですが、5期のメンバーも今までの活動を引き継ぎ、変わらず「繋がれ、理系女子」という弊団体のコンセプトを掲げながら活動をしていくと思います。活動の主体もターゲットも理系女子大学生であうことは今後も変わらないでしょうが、フリーペーパーを見てくれている女子高校生もいて、色んな世代の理系女子に知ってもらえているのは嬉しいですね。

【進路決定について】
学部・学科はいつ頃決めましたか?
中原:、医療職の父親と、幼少期に見た白衣のお姉さんがとてもキラキラ輝いて見え、小さい頃から医療に興味を持つようになり、幼稚園の文集では「薬剤師」になりたいと書いていたんですよ。高校に進学しても化学・生物が大好きで、『こんなに小さい薬で苦痛が和らぐってすごい、どうして?』と薬や人体にも興味を持つようになり、薬学部へ進学を決めました。中高一貫の女子校なので、化学や生物に興味を持つ生徒も少なく、ひとりでコツコツと頑張っていました。高2で文理選択となり、私立薬学部コースを選び、初志貫徹薬学部に進学を果すことが出来ました。
sub.jpg
佐藤:中高一貫の女子校で文理選択後は文系3クラス、理系1クラスに分かれます。その中で物理に進んだのは私ひとりだけ。小さい頃から星を見るのが好きだったのもあり、将来どうしようかと考えた時、やはり宇宙の勉強をしたいと思いました。宇宙について学べるのは工学部と理学部がありますが、星の研究がしたいので理学部を選び、苦手な物理、数学を頑張って勉強していました。物理学科の中でも宇宙を学べる学科は少なかったのですが、目標を達成することができよかったです。

【現在の研究や大学生活について】
凛以外の活動は?
佐藤:4年生なので、研究が中心の毎日です。研究テーマはX線天文学で現在はふたつの研究をしています。ひとつ目は、X線望遠鏡の次世代型光学系の研究開発をしています。またふたつ目は、昔からの憧れである宇宙の研究として、銀河群のデータ解析をしています。普通研究テーマはひとつが多いですが、研究室は機器開発がベースで、希望者は天体の解析もできるというので、ふたつの研究をしています。
中原:学園祭のミスコン企画、ミスコン出場、化粧品会社のインターンも経験しました。サックスが趣味で音楽も好きなので、個人的にメンバーを募りビッグバンドを結成して、去年の秋は横浜のジャズフェスで演奏しました今日もこれから練習です。4年生の後期からかなり忙しくなると入学時に先輩から聞いていたので、それまではやりたいことを思いっきりやろうと学生生活を送ってきました。研究テーマについてはこれから決めていきます。

将来の夢は?
佐藤:研究の道に進むかまだ決めていませんが、何にしろ宇宙に関わる仕事につきたいと思っています。すでに学芸員の資格も取っているので、博物館やプラネタリウムの解説員などもいいなと考えています。好きと得意は違うので、途中やめようかと思った時期もありましたが、やはり宇宙から離れることが出来ず、宇宙に携わる人生を送りたいと思っています。
中原:高校時代は漠然と薬剤師になれたらいいなと思っていましたが、大学に入り、キャリアを積んだ素敵な方たちと出会い、グローバルに活躍するって素敵だなと感じるようになりました。将来は、薬局や病院薬剤師ではなく、グローバルに新薬に携わる仕事に就きたいと思っています。大学の短期留学制度も上手く活用するために、苦手な英語もがんばらなくてはと思っています。

中高生へのメッセージをお願いします。
中原:受験勉強面でアドバイスをすると、私は高校時代数学が苦手で、高2の冬に受けたセンター模試で30点ほどしか取れませんでした。そこで基礎にたちかえり、基本問題集を繰り返し、できるようになると次のステップへ進むを繰り返し、1年後は苦手な数学で一番得点が取れるようになりました。苦手と思わず、簡単なものから進んでいくことが大切だと思います。
佐藤:ひとつめは「何でもいいので夢中になれるものを見つけて欲しい」勉強以外のダンスでもアイドルでも・・・その後の将来を助けてくれることがあると思います。ふたつめは「いろんなことに挑戦して欲しい」例えば勉強面では、中高時代は受験を考えると受験に不要な科目は勉強しないことが多いようですが、避けないで学んでいくことで将来きっと役に立つものがあります。他にも勉強に限らず様々なことに全力で挑戦してみた経験は必ず人生を豊かにしてくれると思っています。
ありがとうございました。

理系女子大生コミュニティ『凛』
『凛』についてもっと詳しく知りたい方はHPをご覧ください。
http://ringirls.wix.com/rikeigirls-rin
プレゼンテーション1.jpg
2014年3月末の4期・5期のメンバーの在籍校です。
・津田塾大学・東京女子大学・早稲田大学・静岡県立大学・東京農工大学・明治大学
・東京大学・首都大学東京・東京工科大学・中央大学・お茶の水女子大学・横浜国立大学
・慶應義塾大学
4月からは5期のメンバーが活動の中心となります。現在6期 新メンバーを募集中です。
 




2014/04/14 13:01:41

«前の記事:女子も理系を選択肢に入れてほしい!理系女子学生団体「リケチェン!」
繋がる理系女子 理系女子大生コミュニティ 『凛』
次の記事:地方の女子校から東京の大学の理工系学部へ入学は不安だらけだった。»

このページのトップへ