ホーム > お仕事ルポ > 理工系WOMANのお仕事ルポ|近藤靖子さん

お仕事ルポ

理工系WOMANのお仕事ルポ|近藤靖子さん

エコカー向け車載充電器の開発に携わる世界の自動車メーカーが取引先です!

 

理工系の学部・学科で学んだセンパイたちは、社会に出て、どのような活躍をしているの?神奈川大学工学部を卒業し、研究で培った知識とスキルを仕事に生かしているセンパイの職場を訪問してみました!

 

CM でお馴染みの電気自動車にも、パナソニック製の充電器が搭載されていることをご存じでしたか? 私は、パナソニック株式会社オートモーティブ社で電気自動車やハイブリッドカーなどエコカーに採用されている車載充電器の開発・生産に携わる仕事をしています。 担当しているのは、車載充電器に使う新規部品の採用です。精密機械である車載充電器は、100社以上のメーカーの部品を組み合わせてできています。そこで、性能向上を追求するため、常に新規部品を試し、いいものがあれば採用していく必要があります。新規部品の採用にあたっては、実際に車載充電器に組み込み、動作させて特性を評価し、妥当性を判断します。振動による影響は受けないか? 高温・低温環境にどのくらいの時間耐えられるか? といった厳しい条件をクリアするため、部品ごとに異なる試験を行います。私はここで、部品メーカーの担当者に試験内容を説明したり、試験の状況確認を行ったりしながら、新規部品の選定から採用完了まですべての工程を管理しています。街で見かける多くのエコカーに自分が選んだ部品が搭載されていると考えると大きなやりがいを感じます。また、国内事業だけでなく、欧州事業も担当しているので、自分の手がけた製品が、日本だけでなく、海外でも使われている手応えを感じられるのはうれしいですね。 おもちゃなどを何でも修理してくれる父に憧れて、小さな頃からものづくりが大好きだった私は、中学・高校時代にパソコンに興味を持つようになりました。そこで、大学でも電気電子工学を専門的に学びたいと考え、神奈川大学の工学部電気電子情報工学科に進学しました。大学の研究室で取り組んだのは、「医用超音波」の研究です。具体的には、「エコー検査」などに用いる超音波診断装置を使用した際の体内の温度上昇分布の観測。なかでも私は、血管による熱の運搬効果の確認を行っていました。

実験スキルと伝える技術を大学時代に叩き込まれた

 大学時代は、毎週実験を行い、40 枚のレポートを提出するような忙しい日々。ここで、目的・方法・結果を簡潔かつ的確に書くスキルが鍛えられました。その甲斐もあり、現在の仕事で部品メーカーの担当者に試験の内容を説明したり、社内の他部署と折衝したりする際に、自分の考えを短時間でまとめ伝えることができています。大学時代の努力が今の仕事にもしっかりつながっているのは、大きな励みです。また、勉強以外では、大学祭「神大フェスタ」の実行委員会のメンバーとして活動していました。神奈川大学は、総合大学なので、こうした活動に参加すると理工系学部に所属しながら、文 系学部の友達とも交流がどんどん広がります。 現在携わっているプロジェクトには、国内外の関連部署に多くのメンバーがいます。そのため、技術的スキルだけでなく、コミュニケーション力も重要になります。この点においても大学時代から普段の授業や課外活動で、先生や友達に積極的に話しかけ、信頼関係を築いていった経験が大いに活かされています。

お客さまの期待以上の製品を作り続けたい

現在入社5 年目。エコカーの市場が活気づいているのを実感しながら、新しいことにチャレンジできるのは本当に幸せです。最近は海外出張やビジネスメール等のやりとりで、英語でコミュニケーションをする機会も増えています。電気自動車のニーズは、グローバルでますます高まっています。海外どこへ行ってもパナソニック製の車載充電器を載せた車が走っている社会を実現できたらいいですね。 現在の目標は、お客さまの期待以上の製品を届け続けること。取引先は、世界的メーカーばかりなので、要求は厳しいですが、それに応えられるだけの品質を実現していきたいです。また、仕事と家庭をしっかり両立する技術者になりたい。私が手がけた車載充電器を搭載した車を街で見かけたときに、「この車は、ママがつくった部品で走ってるのよ」なんて言ってみたいです! 実のところ、女性のきめ細かさは技術者として必要とされている点だと日々感じています。みなさんにもぜひ、技術者ならではの「ものづくりの喜び」を味わってほしいです。

 

神奈川大学のココが好き!

いろんな学部の学生が一丸となる「神大フェスタ」

さまざまな学部の仲間と 交流し視野を広げられる

神奈川大学は、文系・理系合わせて8 学部を擁する総合大学です。中高一貫の女子校から、工学部に進学した私にとって、キャンパスに文系の女子学生がたくさんいる環境は安心材料になりました。一般教養科目の授業やサークル活動などで、他学部の女子ともすぐに友達になれます。私も英語の課題で困ったときに、外国語学部の友達に助けてもらったりしていました(笑)。文理さまざまな学部の仲間とコミュニケーションをとりながら、視野を広げられるのもこの大学の魅力だと思っています。

理工系WOMANのお仕事ルポ|近藤靖子さん

プロフィール

パナソニック株式会社


オートモーティブ社
充電器ストラテジックビジネスユニット

近藤靖子 さん

このページのトップへ