ホーム > 未来研究所 > 情報工学系 > 愛知工業大学 > 身につけたIT技術を駆使し 社会で活躍したい!

未来研究所

2017年度版

身につけたIT技術を駆使し 社会で活躍したい!

学生編愛知工業大学
情報科学部  情報科学科 4年

H.I 先輩
愛知県立木曽川高等学校出身

プログラミング言語を習得し 今ではスマホアプリを自作

 パソコンに詳しくなって、スマートに使いこなせる人になりたい。そんな憧れがあり、高校時代からパソコンについて勉強していました。勉強すればするほど、コンピュータ・プログラムによるソフトウェア開発に興味が湧いてきました。
 愛知工業大学の情報学部に進み、ずっとやりたいと思っていたプログラミングの勉強をスター
ト。最初はC 言語やJAVA 言語などを使って、画面に文字や写真を表示させる程度の簡単なところから。プログラミング言語を覚えるのが大変で、入学直後はついていくのが大変でしたね。けれど最初に苦労したおかげで、今ではスマートフォン用のアプリを自分で作れるようにまでなりました。
 所属する研究室では、建物の構造情報を構築するというテーマに取り組んでいます。スマート
フォンのセンサーを活用し、実在の建物の中を歩いている人々が、どこをどのように動いているのか、というデータを集めていきます。この情報を専用のソフトウェアで解析し、人々の軌跡から分析した建物の構造を、コンピュータ上に再現していくのです。

ヘルスケアの分野で 企業との共同研究も

 建物内での人の流れ、運動量が解析できるので、オフィス内の効率的なレイアウト改善など、さまざまな分野に応用できる研究です。企業との共同研究で、ヘルスケアの分野にも役立てられないかと考えています。
 大学で身につけたプログラミングの技術を生かし、卒業後は企業で情報系の事務を担当しま
す。これから身につけなくてはいけないスキルもたくさんありますが、しっかり勉強して、社会人になってからも活躍していきたいです。

私のお気に入りアイテム

入学時に一人ずつ配付されるノートパソコン。大切な勉強のパートナーです。

わたしのキャンパス自慢

Wi-Fi環境が充実!
私が学ぶ八草キャンパスは、自然いっぱいで広々としています。新しくできた食堂もきれいでおいしいです。キャンパスのどこでもWi-Fi がつながるので、ノートパソコンやタブレットがあれば、好きな場所で作業ができるので快適ですね。また、実習室には最新のパソコンがずらりと並んでいます。情報技術を学ぶ環境が、しっかりと整っているんです。



同じ分野の記事を見る!

情報工学系の全ての記事を見る

このページのトップへ