ホーム > 未来研究所 > 情報工学系 > 東海大学 > 自転車にも自動ブレーキ機能を! ぶつからない自転車を開発したい

未来研究所

2017年度版

自転車にも自動ブレーキ機能を! ぶつからない自転車を開発したい

学生編東海大学
情報通信学部  
組込みソフトウェア工学科 3年

M.M 先輩
兵庫県立西宮今津高等学校出身

自分でプログラムを組んだ ロボットが動きだす

 コンピュータを使うと何ができるのか……。
 そう考えた私は、ソフトウェアとハードウェアのどちらも勉強できる東海大学の情報通信学部組込みソフトウェア工学科を目指しました。
 全く知識のなかったプログラミング言語は、画面に言葉を表示させることからスタートしました。1 年次には対戦型ゲームを制作し、2 年次には実際にモノを動かすためのプログラミングに挑戦。市販のブロックにセンサーやモーターなどを搭載し、センサーが感知した線に沿って自律歩行するロボットをつくりました。また、自動掃除ロボットがどのようにプログラミングされているかを分析した上で、そのプログラムを書き換えて走行スピードや動き方を変更する実験では、ソフトとハードが連携する仕組みを理解することができました。

あれもしたい、これもしたい 自分の興味にまっすぐに

 私が「あったらいいな」と考えているのは、自転車用の自動ブレーキ機能です。根底には、大学で身につけた知識・技術で人の役に立ちたいという思いがあります。実用化には、小型で軽量かつ頑丈なハードと、確実に止まるためのソフト、それを低い製造コストでつくる仕組みが求められます。研究室に入ったら、これらを基礎から追究していこうと思っています。
 卒業までに自転車用自動ブレーキの論文をまとめ、基本情報技術者や電気工事士の資格取得も目指しています。将来の目標は、ハードにもソフトにも強いシステムエンジニア。そのため、プログラミング言語に限らず、物理学や制御工学の勉強も重視しています。自分が好きなこと、興味あることに全力で取り組めている今の環境は東海大学だから実現できたと思っています。

ひとこと

課外活動も将来につながる
人の意見をまとめることが好きなので、グループワークでメンバーの性格や得意分野を把握し、個々の役割を指示することにやりがいを感じています。また、大学祭の実行委員会「Takanawa共育プロジェクト」という地域貢献活動にも参加。そこでもスタッフ管理術が鍛えられ、社会に出てからのプロジェクト管理に生かせるのではないかと考えています。

ロボット制作

ブロックを使ったロボット制作は年々進化を遂げています。高性能マシンを触れる後輩がうらやましいですね。



同じ分野の記事を見る!

情報工学系の全ての記事を見る

このページのトップへ