ホーム > 未来研究所 > 建築・デザイン系 > 千葉工業大学 > ユニークな課題で発想力を鍛え アイデア豊富な設計士になりたい!

未来研究所

2017年度版

ユニークな課題で発想力を鍛え アイデア豊富な設計士になりたい!

学生編千葉工業大学
創造工学部  建築学科 4年
(現・工学部 建築都市環境学科)

R.T 先輩
千葉県立佐原白楊高等学校出身

子供の頃から建築が大好き 猛勉強で苦手科目を克服

 叔父が住宅メーカーの技術職の仕事をしていた影響もあり、子供の頃から住宅の間取り図を眺めるのが好きでした。実際に家が建てられる様子を見るのも大好きで、現場監督や鳶職に憧れたこともあります。大学で建築を学びたいと思ったのも、自然な流れでした。
 ただ、高校時代の私は理系の科目があまり得意じゃなくて……。一度は建築系への進学を諦めかけたものの、進路指導の先生に「建築の勉強が本当にやりたいのなら、やればいいじゃないか!」と背中を押され、千葉工業大学で建築を学ぶ道を選びました。

さまざまな課題に挑戦し アイデアの幅が広がった

 現在所属する研究室では、いつもユニークな課題に取り組んでいます。なかでも面白かったのは、「抽象絵画の線を使って、建築を設計する」という課題。私は色彩の豊かなヨーロッパの抽象画ではなく、素朴な描線のみで構成された日本の木版画家、木村繁之さんの「蜘蛛手」という作品をモチーフに選びました。その理由は、シンプルで落ち着いた雰囲気が、自分の建築合っていると思ったからです。木版画の太い線を壁に、細い線を人の動線に置き換えて、風通のよさそうな建物を設計しました。自分では思いつかないような曲線を使って作品をつくることができたのは、抽象画というモチーフがあったから。難しい課題にチャレンジし続けたことで、建築や設計に対する視野が広がり、アイデアの引き出しも増えたと感じています。
 卒業後は、大手ハウスメーカーで技術職として働く予定です。日本の伝統的な建築に新しい技術を融合させて、木の温もりを生かした住宅を設計したいと思っています。

後輩にアドバイス

一途な熱意で内定獲得!
3年次の夏に住宅設計を目指すうえでかねてより希望していた大手ハウスメーカーで1週間のインターンシップに参加。就職活動では同社1社のみにエントリーし、その熱意が通じたのか、内定をいただくことができました。私の理想の設計士像は、クライアントにとって一番近い存在になること。クライアントさえ気づかない潜在的なニーズを掘り起こし、家づくりに反映できる設計士になりたいです。

ユニークな課題

抽象画の線を使った設計の課題でつくった、建物の模型。実際に使う人の目線で設計することを心がけています。



同じ分野の記事を見る!

建築・デザイン系の全ての記事を見る

このページのトップへ