ホーム > 未来研究所 > 電気・電子系 > 神奈川工科大学 > 涼しげな色の照明で、エアコンの温度が下がる? 人間の体感を利用した「省エネ家電」を目指して

未来研究所

2017年度版

涼しげな色の照明で、エアコンの温度が下がる? 人間の体感を利用した「省エネ家電」を目指して

学生編神奈川工科大学
創造工学部 
ホームエレクトロニクス開発学科 4年

M.Y 先輩
静岡県立吉原高等学校出身

LED照明の「最適光色」を 実験を通じて探っています

 私の研究対象は「LED 照明」。近年ますます利用が広がっている、発光ダイオードを利用した照明器具です。
 青っぽい色は涼しげに見える、赤っぽい色は暖かみを感じる……というのは、皆さん経験があるのではないでしょうか。こうした「体感」を利用して、LED 照明の色をエアコンの温度と連動させることで、住空間全体の省エネを目指せないかというのが、研究のテーマです。
 現在は、学内の「近未来住空間実験室」に自分たちが入り、仮実験の真っ最中です。照明の色や明るさ、エアコンの温度など、条件を少しずつ変えながら実験を重ねています。
 今後は、他の学生や、オープンキャンパスに来場する方々にも呼びかけ、実験にご協力いただく予定。さまざまな条件でのデータを集め、分析・検討したいと考えています。

開発のプロセスを学んだ 「企業連携プロジェクト」

 これまでの大学生活で印象に残っているのは、チームで連携して課題を解決する「企業連携プロジェクト」。私は「和風照明のマーケティング販売」を担当し、企業のエンジニアの方と折衝を重ねました。研究開発のプロセスだけでなく、ミーティングの議事録やビジネスメールの書き方など、社会人として必要となる能力も総合的に学びました。3 年次にこのプロジェクトを経験したことが、現在の研究につながっています。
 LED 照明の研究は、環境にやさしい技術の開発を目指せる、やりがいのある分野です。インテリアデザインの要素もあり、LED 照明の業界で活躍する女性も多いのですが、女性の研究者となると少ないのが現状。ぜひ多くの女子学生に、この研究について知ってほしいですね。

私のお気に入りアイテム

ピンクが好きで、身の回りの小物はピンクのものばかり。これは母からのプレゼント。

将来の夢

人々の暮らしを便利にしたい
大学でのいろいろな出会いや接客業のアルバイトなどで、研究・開発職よりも、人と接する営業職が向いていると思うように。そのため、「プレゼンテーション技術」や「文章表現技術」などの授業を積極的に受講しています。家電の開発に特化した学科で学んだ経験を活かし、人々の暮らしを便利にするような、最先端のエレクトロニクスを紹介していきたいと思います。



同じ分野の記事を見る!

電気・電子系の全ての記事を見る

このページのトップへ