ホーム > 未来研究所 > 機械系 > 神奈川工科大学 > 充実した「ものづくり」の環境で 日々、驚きと発見の連続です!

未来研究所

2017年度版

充実した「ものづくり」の環境で 日々、驚きと発見の連続です!

学生編神奈川工科大学
工学部  機械工学科 3年

K.H 先輩
千葉県立匝瑳高等学校出身

スーパーカーが大好きで 趣味はラジコン遊び

 小学生の頃から車が好きで、父親と一緒にモーターショーに行くような女の子でした。当時は、スーパーカーのデザインに夢中で、趣味はラジコン遊び……そんな幼少時代を経て、中学・高校時代になると雑貨の商品開発や機械の製造業といった「ものづくり」を仕事にしたいと考えるようになりました。ですから、理工系大学への進学に迷いはありませんでした。
 神奈川工科大学を選んだのは、KAIT 工房などの充実した設備に魅力を感じたから。入学後、旋盤加工や溶接の実習を経験して、手を動かすものづくりの楽しさを実感しています。
 座学のほうは、1 年次は熱力学、流体力学、材料力学、生産加工学といった専門分野の基礎をじっくり学びます。まずは、自分の手で体験して、それから座学で理論を理解する神奈川工科大学の学びは、工作好きの私にとても合っています。

車のエンジンのレプリカを 分解して、組み立てる実習

 最近面白かったのは、車のエンジンのレプリカを分解して、再度組み立てる実習です。普段、乗っている車の隠れた部分の精密な仕組みを知るとグッと身近に感じられるから不思議です。高校生の頃は、「車は動いて当たり前」という感覚でしたが、原理を詳しく知った今は、その高い技術力に驚きました。体験型授業で仕組み、構造を学ぶことができました。
 大学での幅広い学びに触れ、将来の夢が広がっています。車や飛行機といった乗り物に関わる仕事もいいと思うし、文具のデザインなどもやってみたい。製鉄業のような大がかりな仕事にも興味があります。焦らずにゆっくりと自分に合う道を探していきたいと思っています。

私のお気に入りアイテム

お気に入りのスマホケースは学生証、定期などが一緒に入ってとっても便利です。

わたしの学部・
学科自慢

私が選択しているグローバルエンジニアコースは、国際水準の工学教育プログラムとして日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けています。コース修了生は「修得技術者」として認定され、さらに「技術士」国家試験の一次試験が免除されるので、設計開発者・エンジニア・研究者を目指す人におすすめです!



同じ分野の記事を見る!

機械系の全ての記事を見る

このページのトップへ