ホーム > 未来研究所 > 電気・電子系 > 近畿大学 > 多くの人に使ってもらえるソフト開発に携りたい!

未来研究所

2018年度版

多くの人に使ってもらえるソフト開発に携りたい!

学生編近畿大学
産業理工学部 電気電子工学科 1年

M.N 先輩
福岡県立鞍手高等学校出身

大好きなゲームが進路選択のきっかけに

 子どものころからゲームが大好きで、パソコンに触れたきっかけもネットゲームでした。遊ぶうちにパソコンの電気回路などに興味を持ち始め、ハードとソフトの両方を勉強できる電気電子工学科を選択。ゲームが原因で親から注意を受けることもありましたが、それが進路につながるなんて、なんだか不思議です(笑)。
 現在は、電気回路や信号理論について学んでいて、プリズムと呼ばれる光学部品の屈折率を調べたり、長さを精密に測るノギスという測定器の使い方を習得したりしています。電気回路や通信などの講義では、ベクトルや三角関数など高校で得た数学の知識がとても重要になってきます。理工系の学部をめざしている人は、今のうちに数学の勉強をしっかりしておくと入学後に役に立ちますよ。

実験の回数が増えるのでこれから先が楽しみです

 この分野を学ぶ女子は少ないですが、そのぶんすぐに仲良くなれます。わからないことを教えあったり、お昼を食べたりと、いつも楽しく過ごしています。夏には学科で懇親会があるので、友達や先輩とのネットワークをさらに広げたいです。
 今後は、回路やプログラミングについても学んでいきたいと思います。実験を行う回数が増えると思うので、今からとても楽しみです。
 入学したばかりなのでまだはっきりしていませんが、将来はソフト開発に携わる仕事に就けたらいいなと思っています。ソフトと言っても、ゲームだけでなくプログラミングやシステム管理などさまざまな職種があるため、活躍できる場もきっと多いはず。多くの人が利用するソフトの開発に自分が携ることで、社会に貢献できたらうれしいです。

私のお気に入りアイテム

講義に欠かせないノートには、学修したことがぎっしり。図形もわかりやすくまとめています。

苦手科目
克服アドバイス

好きなものに関連づけて
学ぼう

高校時代、私は英語が苦手で、英単語をまったく覚えられずに苦労していました。でも、好きな曲のタイトルや歌詞に登場する単語は、すんなりと頭に入ってくることに気づいたんです。このように音楽や映画など、好きなものと絡めて勉強すると覚えやすくなっておすすめですよ。自然と興味がわいてきて、苦手を克服するきっかけになると思います。



同じ分野の記事を見る!

電気・電子系の全ての記事を見る

このページのトップへ