ホーム > 未来研究所 > 電気・電子系 > 中央大学 > 効率的な回路計算の方法を発見し高機能な電子機器をつくりたい!

未来研究所

2018年度版

効率的な回路計算の方法を発見し高機能な電子機器をつくりたい!

学生編中央大学
理工学部 電気電子情報通信工学科 4年

A.I 先輩
私立日本女子大学附属高等学校出身

集積回路の方程式を簡単に解くには?

 パソコンやスマートフォンなど、あらゆる電子機器に欠かせない集積回路。この特性を知るため、回路設計で現れる方程式を効率的に解く方法について研究しています。
 小学校の理科で習った、豆電球を点灯させる単純な回路であれば誰でも簡単につくることができますが、高機能な電子機器をつくるためには、大規模で複雑な集積回路の設計が必要です。このとき、回路の特性を正しく理解していないと、機器が意図する通りの動きをしてくれないことがあります。
 大規模な集積回路を解析するのは難しく、ときには何日間もかかってしまうことも。もっと簡単に短時間で回路の方程式を解く方法はないのか……これを見つけるのが私の研究です。効率的な解法がわかれば、より高機能で信頼性の高い集積回路をつくることができます。またそれにより電子機器の高度化や低価格化に役立ちます。
 これは情報数理工学と呼ばれる学問分野。数学的な思考とコンピュータを用いて、科学技術だけでなく、私たちの日常生活で現れる身近な問題も解決できるのが面白いところです。

電気電子工学の魅力を女子高生に知ってほしい!

 もともとロボットや電子機器を見たり触ったりするのが好きだったことから、理系分野への進学を決めました。この学科に入って驚いたのが、女子学生の少なさ。もっと多くの女子に電気電子情報通信工学科の学びの魅力を知ってほしいと思い、2 年次に「エレ女じょ広報部」という組織を立ち上げ、オープンキャンパスなどで女子高生にアプローチをしています。学科の面白さを伝えていくことで、電気電子に興味を持つ女子を増やすことが今後の目標のひとつです!

私のお気に入りアイテム

いつも使っているポーチとペン。レポートを手書きで提出するので、使いやすいペンは必須!

わたしの学部・
学科自慢

魅力的な研究がいっぱい!
オープンキャンパスに参加したとき、魅力的な研究をしている先生がたくさんいて、この学科で学びたいと思ったことが入学の決め手に。また、大学院生が自分の研究分野について丁寧に教えてくれて、自分も将来こんな風に後輩に研究の魅力を語れるようになりたいとも思いました。ぜひ、多くの大学に行き、充実した日々を送れそうな大学を選んでください!



同じ分野の記事を見る!

電気・電子系の全ての記事を見る

このページのトップへ