ホーム > 未来研究所 > 機械系 > 神奈川工科大学 > 工学の知識を医療現場で活かせる「臨床工学技士」になりたい!

未来研究所

2018年度版

工学の知識を医療現場で活かせる「臨床工学技士」になりたい!

学生編神奈川工科大学
工学部 臨床工学科 3年

H.A 先輩
北海道札幌市立新川高等学校出身

病院の医療機器全般を扱う仕事に興味を持った

 親族に医療機関で働いている人が多かったので、小さい頃から「病院の仕事」に憧れていました。その気持ちは、中学・高校になっても変わらず、大学で医療の仕事につながる何かを学びたいと考え、進路に悩みました。看護師はめざすイメージと違うし、理学療法士や診療放射線技師は、専門領域が限定されている……。そんなときに知ったのが、「臨床工学技士」の存在でした。これなら病院で扱う医療機器全般を扱えるし、得意科目だった数学や物理学の知識も活かせる。さらに、国家資格なので、長く仕事を続けるうえでも有利になる――。
 「見つけた!」と思った私は、さっそく進路探しを始めました。臨床工学を学べる数ある大学の中から神奈川工科大学を選んだのは、工学系の研究母体があったから。また、新設学科だったので、1期生として新たな挑戦ができることにも魅力を感じました。

患者さんの生命を支える責任ある仕事だと実感

 入学後、1~2年次は、生物学や生化学、数学などの基礎を学び、3年次から実際に医療機器を扱う本格的な実習がスタートします。例えば、「体外循環装置学」の授業では、人工心肺の構造や機能について詳しく学びます。単純にボタンを操作するだけでなく、体内でどのような働きをしているかという「原理」をしっかり理解することが安全利用の絶対条件です。患者さんの生命に直結する機器だけに、知識が深まるほど、身が引き締まる思いがします。
 今の目標は、もちろん臨床工学技士の国家資格を取得すること。臨床の現場で、医師や患者さんとしっかり信頼関係を築ける臨床工学技士になりたいと思っています。

私のお気に入りアイテム

授業で使う教科書とノート。医療機器の専門知識がぎっしり詰まっています!

わたしの学部・
学科自慢

「ME技術者」取得支援も!
臨床工学科では、国家資格「臨床工学技士」取得のステップとなる「第1種・第2種ME技術者実力検定試験」の支援も充実。私も第2種を取得し、第1種取得に向けて勉強中です。また、臨床工学科の学生が主に授業や演習で使用する「看護医療棟」は、2015年にできたばかりでとってもキレイ! 女子専用ロッカーや休憩スペースもあるので、授業以外の時間もほぼここで過ごしています。



同じ分野の記事を見る!

機械系の全ての記事を見る

このページのトップへ