ホーム > 未来研究所 > 機械系 > 神奈川工科大学 > 機械工作や製図のスキルを強みに「ものづくりを仕事に」の夢を実現!

未来研究所

2018年度版

機械工作や製図のスキルを強みに「ものづくりを仕事に」の夢を実現!

学生編神奈川工科大学
工学部 機械工学科 4年

K.H 先輩
千葉県立匝瑳高等学校出身

注目の新素材CFRPの「損傷探知」に役立つ研究

 CFRPと呼ばれる炭素繊維強化複合材料を使った「損傷探知」の研究をしています。CFRP は、航空機やロケットなどに採用されている軽量の新素材。カーボン(炭素)には、金属ではないのに電気を通すという特性があります。ここに着目して、CFRP に曲げたり、ヒビを入れたりといった負荷をかけ、電気的な特性に変化があるかを調べています。
 実験では、円柱状やパイプ状のCFRP に電気を通して、さまざまな負荷をかけて、変化を計測します。繊維の入り方によって、細かい数値の違いが出るのも見逃してはいけません。この研究の目標は、航空機などの機体損傷の検知に役立てること。自分の研究が社会で活かされる可能性があると考えるとやる気が出ます。このように、応用のイメージがしやすいのが、機械工学の学びの魅力かもしれませんね。

スーパーカーが大好きで趣味はラジコン遊び

 小学校の頃からスーパーカーが大好きで、当時の趣味はラジコン遊び……そんな幼少期を経て、中学・高校時代になると機械系の「ものづくり」に興味を持つようになりました。ですから、理工系進学に迷いはありませんでした。
 神奈川工科大学を選んだのは、キレイなキャンパスと充実した設備に魅力を感じたから。入学後、旋盤加工や溶接の実習などを通して、手を動かす「ものづくり」の楽しさを実感。さらに、機械設計の面白さも知り、手描きから3D CAD まで幅広く製図のスキルを鍛えました。
 その成果を就職活動でアピールし、機械メーカーの設計職の内定を獲得。「ものづくりを仕事にする!」という夢を実現することができ、今から働くのがとっても楽しみです!

私のお気に入りアイテム

製図実習で製作した「歯車減速機」の図面。何度も描き直した忘れられない作品です。

わたしの学部・
学科自慢

手描き製図が就活の強みに
3 年次の「機械設計製図ユニット」という実習で、「歯車減速機」の設計をした経験が印象に残っています。ここで、歯車のサイズや強度に関する細かい計算結果を手描きの図面に反映する大変さを痛感。ただ、手描きで製図をして、ものをつくり上げたからこそ、理解できたことは非常に多く、就職活動の面接でも実習のエピソードは高く評価してもらえました!



同じ分野の記事を見る!

機械系の全ての記事を見る

このページのトップへ