ホーム > 未来研究所 > 機械系 > 東京都市大学 > 医学×工学の融合領域で人の健康に貢献したい!

未来研究所

2018年度版

医学×工学の融合領域で人の健康に貢献したい!

学生編東京都市大学
工学部 医用工学科 3年

N.M 先輩
神奈川県立大船高等学校出身

医療機器の原理を学び、病気の発見に役立てる

 医療機器の原理・構造や生体の仕組みについて学んでいます。「臨床機器学及び実習」では、心臓から発せられる電気を計測し、心電図で静脈の動きを分析。そのデータから不整脈などの病気を発見する実験に取り組んでいます。体のどの部分に異常があるのかを特定するためには、生体のメカニズムを知ることはもちろん、医療機器側が何をしているのかきちんと理解しなければいけません。医用工学科の学びは、人の命や健康に密接に関わる学問。まだまだ発展の可能性が広がっている分野であり、医学・工学の両方の視点から医療の進歩に貢献できるのがこの研究の魅力です。
 今は4年次の研究室配属に向けて、生体計測工学に関する先行研究を調べたり、論文を読んだりしているところ。卒業研究では、体外のコイルを用いて、手術をせずにペースメーカーへ電源を供給する研究に取り組むつもりです。

充実した研究設備と、女子学生へのサポートも魅力

 東京都市大学工学部の医用工学科を選んだのは、オープンキャンパスがきっかけでした。もともと高校の先生にも進学をすすめられていたのですが、臨床実習室や手術室などの本格的な研究設備を見て、迷わず第一志望に決めました。また個別相談コーナーで、学科の先輩たちが研究の内容や卒業後の進路のことまで丁寧に教えてくれたのも心強かったです。
 女子学生へのサポートが手厚いのも東京都市大学の魅力です。医用工学科はおよそ3割を女子学生が占めており、女子同士でお互いに刺激し合いながら学んでいます。理工系の分野で活躍したいと思っている女子学生には、ピッタリの環境ですよ!

私のお気に入りアイテム

愛用の手帳には、授業のことやアルバイトのことまで、ギッシリ書き込んでいます!

わたしの
キャンパス自慢

学習サポートも充実の
図書館

世田谷キャンパスの図書館は、吹き抜けの庭園や木製家具でデザインされた学習室など、とてもオシャレで落ち着いた空間。地下1階の「スタディ・サポート・デスク(略称:SSD)」では、大学院生がラーニング・サポーターとして、勉強の相談に乗ってくれます。授業でわからないことがあったときや困ったときにも気軽に質問できるので、とても心強いです。



同じ分野の記事を見る!

機械系の全ての記事を見る

このページのトップへ