ホーム > 未来研究所 > 機械系 > 西日本工業大学 > 大学で夢を見つけてつかんだプラント・配管設計という未来

未来研究所

2018年度版

大学で夢を見つけてつかんだプラント・配管設計という未来

学生編西日本工業大学
工学部 総合システム工学科
機械設計工学系 4年

N.H 先輩
福岡県立八幡中央高等学校出身

数学の教員から一転。新たな夢が見つかりました

 実を言うと入学当初は、数学の教員をめざしていました。でも、CADを使いこなしている同級生がすごくかっこよく見えて、自分もこんなふうになりたいと憧れを抱くように。もともと子どものころからものづくりが好きだったこともあり、大学3年次に3D CADを使う設計の道に進むことを決意しました。
 総合システム工学科では、ものがどういう方法でつくられ、どういう意図でその構造になったのかなど、ものづくりの原理について深く学べます。また、機械設計コースでは、コンピュータによるものづくりの工程を総合的に学べ、ものに対する意識も高まります。最近は飲食店で呼び出しベルを見ると、使われている技術や構造を自然と推測してしまうなど、日常生活でもエンジニア魂が発揮されています(笑)。

興味のなかった物理学の知識が今では大きな武器に

 卒業後は、3D CADでプラント・配管設計を行う会社で働く予定です。大学で学んだ設計の知識を生かし、地元を活性化できたらと思っています。これからは、図面を読む力や設計ソフトを使う能力を高められるよう、就職後を見据えて勉強していくつもりです。
 高校では漠然としていても、大学で周りに刺激されることでやりたいことが見つかる可能性は十分にあります。それが苦手な分野だったとしても、諦めるのはもったいないこと。私は高校のころ物理学に興味がありませんでしたが、設計を行ううえでは欠かせない知識なので、応用力学の一分野である材料力学や、風や水の流体工学など、物理から目を背けずに学びました。皆さんも自分がすべきことを見極めて勉強すれば、きっと夢に向かって前進できますよ。

私のお気に入りアイテム

小物類はピンクで統一。よく男っぽいと言われるので、持ち物くらいはかわいくしようと思って(笑)。

わたしの
キャンパス自慢

女子の友達も
すぐにできます!

女子も快適に過ごせるキャンパスが自慢。保健室は女子の集いの場になっていて、休み時間は皆で雑談しながらリラックスしています。女子が少なかったらどうしようと不安に思っているかもしれませんが、すぐに友達ができますよ。また、CADや3Dプリンターなど設備が充実している点も見逃せません。大学をフル活用して将来の夢を実現させてくださいね!



同じ分野の記事を見る!

機械系の全ての記事を見る

このページのトップへ