ホーム > 未来研究所 > 建築・デザイン系 > 近畿大学 > 女性ならではの感性で日常に溶け込む建物をつくりたい!

未来研究所

2018年度版

女性ならではの感性で日常に溶け込む建物をつくりたい!

学生編近畿大学
産業理工学部 建築・デザイン学科 4年

M.Y 先輩
福岡県立筑紫中央高等学校出身

デザインと建築を両方学べるから入学

 もともと店舗デザインに興味があり、アパレルショップや飲食店を見てまわるのが好きでした。自分でも建物を設計してみたいと思うようになったのですが、デザインだけではなく、建築についても学んでおく必要があると考え、両方を学べる建築・デザイン学科を選びました。
 現在、取り組んでいる研究テーマは、「地域力の再生を目指した公民館の計画」。私の地元には公民館など公共の建物が点在しており、あまり活用されていないのが現状です。また、人と人とのつながりが希薄になってきているので、人が集い、地域の活性化に貢献できる建物を企画できたらいいなと思っています。アイデアに行き詰まったときは、研究室の先生がいつも心強い存在。結論や答えではなくヒントを与えてくれるので、自分で考える力が養われます。

視点が変わって自分の引き出しが増えた

 入学後は、「外観や店内はどういう意図でこの構造になったのだろう」と、今まで何気なく通っていたお店や施設を、建築学の視点でとらえるようになりました。また、街で気になったデザインの建物や、何気なくスケッチしたかわいいと思う線など、心が動いた瞬間を大切にするように心がけています。こうして時間をかけて蓄積したものが自分の引き出しを増やし、設計する際のヒントになっています。
 卒業後は建設会社で働く予定で、ゆくゆくは一級建築士の資格を取りたいと思っています。そのために現在、有名建築士の講演に足を運んだり、設計事務所でアルバイトをしたりして、知識や経験値を増やしています。将来は女性らしい繊細な感性を大切にして、利用する方の日常に溶け込むような建物をつくりたいですね。

私のお気に入りアイテム

使い勝手抜群のスマートフォンケース。鏡付きだからメイクの際にも役に立ち、カードも収納できます。

わたしの
キャンパス自慢

多様な学生がいて刺激に!
建築・デザイン学科には、いろいろな考え方の人がいます。たとえば建築の分野では、私のようにまず地域の特性をしっかり観察したうえで建物の設計に取り掛かる人もいれば、最初のインスピレーションで取り掛かる人もいます。さまざまなスタイルの仲間と切磋琢磨しながら学べるので、とても刺激になっています。視野がきっと広がるはずですよ!



同じ分野の記事を見る!

建築・デザイン系の全ての記事を見る

このページのトップへ