ホーム > 未来研究所 > 情報工学系 > 九州産業大学 > 理系科目を克服し電気情報工学へ。大好きなプログラミングに没頭中!

未来研究所

2018年度版

理系科目を克服し電気情報工学へ。大好きなプログラミングに没頭中!

学生編九州産業大学
工学部 電気情報工学科 2年*
*2017年4月、理工学部電気工学科に再編

R.N 先輩
福岡県立嘉穂東高等学校出身

実は文系だった私が理系に!基礎から学べる環境が支えに

 パソコンに興味を持ち始めたのは放送部に所属していた中学生のころ。部活動で機器を操作したり、家族が撮影した動画の編集をしたりと、パソコンを使って何かをつくることが大好きでした。しかし、その当時は数学が大の苦手で……。その後、パソコンでものづくりがしたいという思いが一層強くなり、この学科に入学しました。
 現在は電気電子工学、情報通信工学に関する技術を勉強しています。2年次ではさまざまな電気の公式を学び、電気回路のつなぎ方を理解するための実験も行っています。当初、“電気”というとあまりなじみがなく、難しい分野と捉えていました。しかし、1年次には「基礎物理」や「基礎数学」など、専門的な学びに移行する前にしっかりと基礎を学べるカリキュラムが整っていたので、理系が苦手な私でも安心して学べました。

インターンシップを経験し、将来の可能性を広げたい

 今年の夏は、スマートフォン用アプリなどを開発する企業で、約10日間のインターンシップに参加します。自分に合った道を見つけるために、今はさまざまな企業や職種を調べ、将来の可能性を模索しています。授業で最も力を入れて取り組んでいるのがプログラミングなので、今回のインターンシップでは第一線で活躍する社員の方々に習い、実践力を少しでも身につけたいと思っています。そのためにも、大学の勉強と並行して、プログラミング言語の自学も根気強く続けていきたいです。
 数学や理科が苦手だという理由で、理系進学を諦める人も多いと思います。しかし、好きな気持ちを持ち続け、どんなときも自分を信じて粘り強く勉強すれば、必ず目の前が開けていくはずです!

私のお気に入りアイテム

高校時代から続けているバドミントン。軽量で自分に合ったラケットは、大事な相棒です。

わたしの
キャンパス自慢

数学嫌いな私の
最強の助っ人

学内にある「基礎教育センター」。ここは、高校から大学の学びへのスムーズな移行をテーマにした、誰でも利用できるサポートセンターです。数学が苦手だった私は、入学当初みっちりと基礎を教えてもらったおかげで、ここで得た知識を実験などで応用できるようになりました!



同じ分野の記事を見る!

情報工学系の全ての記事を見る

このページのトップへ