ホーム > 未来研究所 > 化学・生命科学系 > 東京電機大学 > 環境負荷の少ない「化学反応」の新たな手法を開発しています!

未来研究所

2018年度版

環境負荷の少ない「化学反応」の新たな手法を開発しています!

学生編東京電機大学
工学部 環境化学科(現・応用化学科)4年

M.S 先輩
私立昭和女子大学附属昭和高等学校出身

有機化学に惚れ込んで化学系の学科に進学

 小学生のころから理科が大好きでした。特に私を惹きつけたのが、「有機化学」の世界。高校1年生のときに受けた化学の授業で、身の回りのものが元素記号で美しく表されることに衝撃を受けました。正六角形のベンゼン環とかたまりませんよね? ただ、理系科目が得意というわけではありませんでした。そのため、大学受験はとても不安でしたが、「好き」という気持ちを大切にして、大学では「有機化学」を専門的に学ぼうと決めました。東京電機大学を選んだのは、オープンキャンパスの研究室公開に訪れて、雰囲気が気に入ったから。当時から興味があった「医薬品開発」につながる研究をしている研究室があったのも決め手になりました。
 現在は、「合成有機化学研究室」で、環境負荷の少ない新規合成法を見つけるための研究をしています。具体的には、パラジウムを用いた有機金属錯体を触媒として、ケトンやアルデヒドからアルコールを合成する反応を開発しています。ポイントは、「新しい化合物」ではなく、「新しい合成方法」を開発していること。そして、炭素-炭素結合の反応を効率化するのが目的です。うまくいけば、医薬品や有機電子材料の開発に応用できるのではないかと考えています。

研究成果を医薬品開発の分野で役立てたい!

 とはいえ、研究は挫折の連続。それでも思い通りの結果が得られたときの達成感はたまりません。また、学会への参加を通じて、同じ研究分野の有名な先生や企業の方と交流できる機会があるのも研究の面白さですね。
 卒業後は、大学院に進学して、この研究をさらに究める予定。将来は、医薬品開発に関わる研究職に就きたいと思っています。

私のお気に入りアイテム

ほぼ毎日飲んでいる「豆乳紅茶」。おいしくて、体にもいいところがお気に入りです!

わたしの
キャンパス自慢

ルミネも丸井も
徒歩圏内です!

東京千住キャンパスは、JR北千住駅徒歩1分という好立地が魅力。雨でもほとんど濡れずに通学できます! 駅前は、カフェやレストランが多く、ルミネや丸井もあるので、ショッピングにも困りません。私もよく駅前で友達の誕生日プレゼントを選んだりしています。2017年にオープンした5号館をはじめ、キャンパスもきれいで、心地よく学べる環境だと思います。



同じ分野の記事を見る!

化学・生命科学系の全ての記事を見る

このページのトップへ