ホーム > 未来研究所 > 建築・デザイン系 > 愛知工業大学 > 浄土宗の寺社を建築学的視点で考察 建物の歴史から時代が見えてくる!

未来研究所

2019年度版

浄土宗の寺社を建築学的視点で考察 建物の歴史から時代が見えてくる!

学生編愛知工業大学
工学部 建築学科 4年

R.O 先輩
三重県立松阪高等学校出身

建物を観察する面白さは 社会が映し出されること

 設計、構造、設備、材料、都市計画……ひと口に「建築学」といっても学ぶジャンルは実にさまざまです。なかでも私が興味を持ったのは建築の歴史。現在は、「建築史」の研究室に所属し、主に寺社仏閣の調査を行っています。
 建築の面白さは、その時代の社会が色濃く反映されているところ。過去の建築技法や装飾のディテールを観察することで、技術の進歩やデザインの移り変わりが見えてきます。
 現在は、浄土宗のお寺を建築学的視点で詳しく調べているところ。4年次の夏休みには、山口県の浄土宗捨世派のお寺を訪れ、研究室のメンバー2名で実測調査をする予定です。
 建築学を学ぶと世の中を見る目が大きく変わります。私もこれまで当たり前に使っていたキッチンの高さやリビング家具の材質などをじっくり観察し、なぜこうなったのか? と常に想像するように。また、日々目にする街並みや建物もただの風景ではなくなり、その調和性やデザインを細かく見て、その背景を深く考えるようになりました。これは、どのような学問分野を学ぶ上でも活かせる大切な視点だと思っています。

人の心を動かすような 住まいの提案をしたい!

 建築学を意識するようになったのは、高校1年生の頃。文理選択で将来のことを考えたとき、「自分は芸術的なもの、特に建物が好き!」という気持ちに気づき、この道に進むことを決意しました。
 大学では、工学部建築学科の住居デザイン専攻に所属。設計製図や生活デザイン、インテリア材料など、主に住宅に関する学びに力を入れてきました。
 卒業後は、住宅メーカーへの就職が決まっています。大学で学んだ知識を活かして、人の心を動かすような住まいの提案ができればと思っています。

私のお気に入りアイテム

就職活動時に化粧品などを入れていたポーチ。友達がヨーロッパ旅行のお土産にくれました!

ひとこと

女子が注目されています!
4年間通っている八草キャンパスでは年々、女子学生の比率が上がっているのを感じます。就職活動の現場でも企業の担当者の方から、「女性視点のデザインや提案に期待している」という声を多く聞き、この分野での女性活躍の可能性を実感しています。八草キャンパスは、おしゃれなカフェもあるので、ぜひオープンキャンパスにきてください!



同じ分野の記事を見る!

建築・デザイン系の全ての記事を見る

このページのトップへ