ホーム > 未来研究所 > 電気・電子系 > 愛知工業大学 > 学内のロボット展示を案内する ガイダンスロボットを製作中!

未来研究所

2019年度版

学内のロボット展示を案内する ガイダンスロボットを製作中!

学生編愛知工業大学
工学部 電気学科 4年

M.M 先輩
私立高田高等学校出身

「認識する」「説明する」 2つの機能を統合する

 人間と会話ができるロボットも今や一般化しつつあります。私が開発しているのもコミュニケーションができるロボット。キャンパス内の「ロボットミュージアム」の案内をしてくれるガイダンスロボットを製作しています。
 これは所属する知的計測制御研究室で、3~4年前から引き継がれている研究。2つの特徴的な機能を統合して制御するのが私の主な課題です。
 機能のひとつは、観覧者が指さした方向を認識して、そこにボディを向けること。2つめは、対象物を認識し、それに関する説明をプロジェクターで投影することです。いずれもセンサーによる物体や状況の認識、それに合わせた各パーツの動作など、複雑な要素が組み合わさっています。ハードからソフトまで、ロボットはさまざまな知識と技術の集合体。その分野の幅広さが難しさであり、研究の楽しさでもあります。

得意な数学と物理学を将来に 活かせる学科を選んだ

 そんな私ですが、高校時代から「ロボット大好き!」というわけではありませんでした。むしろ、将来やりたいことが決まっていなくて、好きな科目だった数学と物理学の知識を活かせる学科なら、飽きずに学べるだろうと考え、工学部電気学科の電気情報工学専攻に進学しました。
 ロボットに興味を持ったのは、入学後のプログラミング実習がきっかけ。小さいロボットを思い通りに動かすのが楽しくて、専門的に学んでみたいと思うようになりました。プログラミング初心者からのスタートでしたが、今ではロボットの基本設計から制御までひとりでできます。卒業後は、自動車関連メーカーのIT部門の企業に就職します。ソフトウェア関連のエンジニアとして、未来の自動車を面白くするイノベーションを起こしたいです!

私のお気に入りアイテム

ハリネズミがかわいい手帳がお気に入り。 デジタル派主流の時代ですが、私は手書き派です!

ひとこと

就職実績はバツグンです!
電気学科は、特に女子が少ない場所ですが、女子同士の結束が固い上に、女子に対するサポートが手厚く、困ることはまったくありません。電気工学+情報工学の知識は、産業界からのニーズも高く、ほとんどの先輩たちが早い段階で就職を決めています。特に女子は採用市場でも貴重な存在なので、就職を考えるなら電気学科がおすすめです!



同じ分野の記事を見る!

電気・電子系の全ての記事を見る

このページのトップへ