ホーム > 未来研究所 > 機械系 > 南山大学 > 文字を書き込むだけで、モノが生まれ 動き出す。その面白さに魅せられて。

未来研究所

2019年度版

文字を書き込むだけで、モノが生まれ 動き出す。その面白さに魅せられて。

学生編南山大学
理工学部 機械電子制御工学科 3年

M.K 先輩
愛知県名古屋市立菊里高等学校出身

人の手の動きをするロボットについて 学びたくて、機械電子制御工学科へ

 高校時代、数学や物理が得意でしたので、自然と理系の大学への進学を考えていました。自動車に興味があったことと、地元企業への就職を見据えて、愛知県の大学の中から南山大学を選びました。機械電子制御工学科を選んだ理由は、人の手の動きをする ロボットに興味があり、理工学部にある3学科のうち、ロボットや工作機械などについて学べるからです。大学の勉強は机上のものが多いイメージがありましたが、機械電子制御工学科は実験中心で、学んだことが実感できるのも大きな理由です。機械電子 制御工学科がある大学は少なかったことも、南山大学を選んだ理由の1つです。

人や世の中の役に立つものを創り、 動かしたい

 今はまだ制御の基礎知識を学んでいる段階で、具体的な研究テーマは見つかっていませんが、介護支援ロボットのような、人の役に立つものをつくりたいです。先輩の中に、装着せずに人の手の動きを真似することができるロボットを研究している方がいて、その研究を手伝いながら、将来的には引き継ぐのも面白いかなと考えています。理工系の魅力は、論理を学ぶだけでなく、実際に生活に役立つモノをつくり、社会に活用できるところだと私は思います。学んだことが目に見えて体感できるのが嬉しいです。
 また、今までは形あるものにしか興味がありませんでしたが、最近はプログラミングにも興味がわいてきました。形はありませんが、文字や数式を打ち込むだけで、パソコンやインターネットの中で何か変化が生まれたり動きだしたりする。その達成感に目覚 めて、IT系の仕事にも興味があります。いずれにしろ、人とロボットなどの機械を繋ぎ、モノを産みだす側にいたいと思っています。

私のお気に入りアイテム

入学時に貸与される個人用のパソコン。
ブルーライト対応メガネと共に毎日の生活に不可欠。

ひとこと

将来の選択肢を増やすつもりで私は大学に入るまで制御工学の事を何ひとつ知らなかったので、最初は授業についていけるか心配でした。皆さんも、聞いた事がない分野を進路に選ぶのは抵抗があるでしょう。しかし、高校生の時はよくわからなくても、大学に入ってから興味を持てることは沢山あります。実際、理工系から研究職以外の職種に就職する人もいます。「理工系だから」と構えずに、将来の選択肢を増やすつもりで理工系の進路を選んで大丈夫だと思います!



同じ分野の記事を見る!

機械系の全ての記事を見る

このページのトップへ