ホーム > 未来研究所 > 情報工学系 > 神奈川工科大学 > アニメから情報処理やデザインまで! 幅広い学びで将来の選択肢が拡がります

未来研究所

2019年度版

アニメから情報処理やデザインまで! 幅広い学びで将来の選択肢が拡がります

学生編神奈川工科大学
情報学部  情報メディア学科 3年

T.S 先輩
私立横浜英和女学院高等学校出身

専門を絞り過ぎず、 視野を拡げる4年間を

 もともとアニメ、映画などサブカルチャーが好き。高校時代には趣味で自分なりのキャラクターを創作し、イラストソフトを使って描いたりしていました。大学では好きな分野の専門知識や技術を学びたい。でも、将来の選択肢は専門分野以外にも残しておきたい……そんな思いで進学先を探していたときに出会ったのが、神奈川工科大学情報メディア学科でした。カリキュラムが充実していて、「ここで4年間学べば、視野や興味が大きく拡がるはず」と考え、入学を決めました。
 入学後すぐにプログラミングや基本ソフトの使い方の講義がスタート。情報処理の基礎からしっかり習得できることに驚きました。2年次にはゲーム・アニメなど各メディア分野の基礎科目がはじまります。Web制作の授業ではホームページを作成し、画像編集・処理技術も学びました。大好きなアニメ分野でも、ストーリーを考えて絵コンテ作成から、原画制作、動画への落とし込み、編集作業までの一連の制作作業を体験。幅広い学びから自分の中にさまざまな興味の対象が生まれていることを実感しました。

グラフィックデザインの世界に 面白さを発見!

 3年生になった今、いちばん力を入れているのは「情報メディア専門ユニット」の演習です。IllustratorやPhotoshopなどの画像加工・デザインソフトを使ってポスターやパンフレットのグラフィックデザインをするもので、クラスは10人程度の少人数制。そこでソフトの使い方を一から学び、使いこなせるようになるまで先生から指導してもらえます。演習の最終課題では、小冊子2ページ分のスペースに自由なテーマで自分のグラフィックデザインを展開。ものづくりの面白さを体感している最中です。今は入学時には予想もしなかった広告分野にも視野が開け、「自分がやりたいこと」に一歩一歩近づいていると感じます。

私のお気に入りアイテム

アニメやグラフィックのアイデアを書き溜めたノート。いつも持ち歩き、メモできるようにしています。

わたしのキャンパス自慢

情報メディア学科では1・2年次に数学の授業が豊富に用意されています。私は数学に苦手意識はありませんが、それでも大学で初めて学ぶ内容には苦労しました。そんなときは学内の「基礎教育支援センター」へ行くと、専任チューターが理解できるまで個別指導してくださいます。こうした学生サポートを予約不要で無料で受けられることが、とても有り難いです。



同じ分野の記事を見る!

情報工学系の全ての記事を見る

このページのトップへ