ホーム > 未来研究所 > 化学・生命科学系 > 東洋大学 > シナプス可塑性のメカニズムを 解明して新薬開発に役立てたい!

未来研究所

2019年度版

シナプス可塑性のメカニズムを 解明して新薬開発に役立てたい!

学生編東洋大学
生命科学部 生命科学科 4年

M.S 先輩
北海道釧路湖陵高等学校出身

記憶や学習に大きな役割を 果たすシナプスの謎に迫る

 脳の神経細胞をつなぐ「シナプス」について研究をしています。シナプスのはたらきを分子レベル、細胞レベルで観察することによって、シナプス構造の可塑性のメカニズムを明らかにするのが目的です。可塑性とは、簡単に言うと機能や構造が変化していくこと。シナプスの可塑性は、私たちの日々の記憶や学習に大きな役割を果たしています。
 シナプスは人の心に大きな影響があり、自閉症や統合失調症では、シナプスの形態に異常が見られることから、記憶や学習などに関係があると考えられています。そこで私は、活性阻害物質を用いて、シナプスの機能や形態にどのような影響を与えているのかを詳しく調べています。これは、精神疾患の原因解明や改善薬開発につながる研究。工学と医学の融合領域だといえます。

「生命の謎」を追究するため 生命科学部に進学した

 北海道の大自然に囲まれて育った私は、幼い頃から植物や動物が大好きでした。中学・高校に進むにつれ、生物学への関心はより強くなり、次第に病気の原因解明など、医療系の学びにも興味を持つように。そこで、「生命の謎」をとことん追究できる生命科学を学びたいと考え、東洋大学の生命科学部に進学しました。
 現在の研究分野である「脳神経科学」を知ったのは、大学に入学してから。生物学や化学など幅広い学びに触れるなかで、自分のやりたいことが自然に絞り込まれていきました。現在は、分子神経生物学研究室に所属。神経細胞を培養し、シナプスの可塑性のメカニズムの研究を進めています。卒業後は、大学院に進んで同じ研究を続ける予定。医薬品開発の研究職に就くという夢を実現するため、今は目の前の課題に全力で取り組みます!

私のお気に入りアイテム

友達からプレゼントでもらったMARY QUANTのペンケースがお気に入り。 友達とおそろいです!

ひとこと

わたしのキャンパス自慢
所属する分子神経生物学研究室のメンバーは、ほぼ半数が女子。先輩もみんなやさしくて、アットホームな雰囲気です。工学系の学部ながら、授業でも女子が少ないと思ったことはほとんどありません。キャンパスは自然がいっぱいで、春は満開の桜の下でお花見女子会をするのが恒例行事。女子が参加できるサークルもいっぱいあって、毎日が充実しています!



同じ分野の記事を見る!

化学・生命科学系の全ての記事を見る

このページのトップへ