ホーム > 未来研究所 > 数学・物理系 > 福岡工業大学 大学院 > 完全養殖サバから美肌成分を抽出!肌悩みを解決する"抗酸化作用"に注目

未来研究所

2020年度版

完全養殖サバから美肌成分を抽出!肌悩みを解決する"抗酸化作用"に注目

学生編福岡工業大学 大学院
生命環境化学専攻  修士課程 1年

M.T 先輩
福岡県立三井高等学校出身

サバ加工業者の手肌がキレイに?!その秘密は、サバの“ヌメリ”

完全養殖のサバと化粧品。一見かけ離れたこの2つが、現在携わっている研究です。佐賀県にある産学官連携組織「ジャパン・コスメティック・センター(JCC)」と共同で、2018年に研究を開始。注目している成分は、サバの体表にあるヌメリです。とある魚の加工従事者の方の手荒れが改善されたことから注目され、調べてみることにしました。そのヌメリ成分中に抗酸化作用物質が含まれているとみて、近海で獲れた天然サバと、私たちが着目する養殖サバとを比較すると、養殖サバの方が格段に高数値という結果に。そもそも抗酸化とは、肌が紫外線などを浴びて体内で細胞が酸化し、シミやシワといった原因となることを防ぐ力です。化粧品業界では、抗酸化成分としてビタミンCやEなどが用いられていますが、新たな素材として、この完全養殖のサバを活用できたらと、日々研究を重ねています。

近い将来、化粧品への応用も!小さな発見の連続が夢をカタチに

学部4年生からこの研究に参加していますが、一つ実験を行うと、その結果から「なぜこの結果になるのだろう」と、さらに突き詰めて考えることがすごく楽しく感じられます。新たな分野なだけに分からないことが膨大ですが、その分小さな発見がおもしろいし、やりがいもあります。現時点では、養殖サバのヌメリ成分の可能性としては、広く“美肌効果”としか謳うことができませんが、在学中に成分評価を徹底的に行い、それが化粧品への応用の一歩となればとてもうれしいです。
私は幼少期から肌が弱く、肌の悩みと長年向き合ってきました。自分自身が経験したからこそわかる、その切なる思いと、研究で身につけた知識を、将来は化粧品の開発という仕事で大いに生かしたいと思っています。

私のお気に入りアイテム

実験中は頻繁に手を洗うため、ハンドクリームは必須。香りもよくてお気に入りです!

ひとこと

研究の世界にいると「、私が今やっていることは、実社会でどんな役に立っているのだろう…」と、思う瞬間があります。そこで「、日本化粧品検定」を受験することにし、1級に合格しました。つい先日は、開発の仕事にも生かせると思い「化粧品成分検定」1級を受験。化学は生活密着型の研究だと改めて感じました!



同じ分野の記事を見る!

数学・物理系の全ての記事を見る

このページのトップへ