ホーム > 未来研究所 > 情報工学系 > 福岡工業大学 > 人を楽しませ、人の役に立つ 人に寄り添うシステムを開発したい

未来研究所

2020年度版

人を楽しませ、人の役に立つ 人に寄り添うシステムを開発したい

学生編福岡工業大学
短期大学部 情報メディア学科 2年

M.M 先輩
宮崎県延岡工業高等学校出身

体を動かしながら楽しむ体験型のゲームを開発

中学生のときにロボットの動きを制御する簡単なプログラミングを経験しました。そのときに感じたワクワク感が忘れられず、工業高校の情報技術科に進学。そして、高校時代にプログラミングの基礎を学び、知識も技術ももっと身に付けたいと、現在の情報メディア学科に進むことを決意しました。最初は地元の宮崎から離れる不安もありましたが、最先端の機器に囲まれ、同じ目標を持つ友達と一緒に学ぶうちに、学校生活も心から楽しめるようになりましたね。
1年次には、C言語やJavaなどプログラミング言語をはじめ、コードを書く際に必要な基礎文法を学びました。そして、課外活動の一環で学科のみんなとゲームを開発。大根のキャラクターが目の前のトラックを走りながら追いかけるというもので、家庭用ゲーム機のコントローラーで走る動作をしながらプレイする体験型ゲームです。大根にどんな動きをさせるか、ビジュアルはどういったデザインにするかなど、手探りながらも楽しんで開発ができました。

"最先端"が常に更新される情報技術の世界って楽しい!

現在は、無事に就職活動も終え、卒業研究を残すのみとなっています。今後の学生生活は、これまでの学びを活かし、同じ企業に内定した友人と一緒にシステムを共同開発する予定で、今はアイデアを出し合っているところです。そして、卒業後はまずはしっかりとプログラマーとしての経験を積んで、近い将来、人の役に立ち、さらに使う人が楽しいと思える技術・サービスを開発していきたいと思っています。新たな技術が次々に生まれ、常に進化し続ける情報技術の世界。いち早く一人前のプログラマーとして幅広い仕事に挑戦できるように、卒業までの時間も勉強を重ねていきたいと思います。

私のお気に入りアイテム

大好きな芸人のお笑いCDは、最高の勉強の相棒。音声だけで思い切り笑えます(笑)。

ひとこと

第一志望だった大手インターネット事業の会社の内定を獲得! インターネット金融事業やウェブメディア事業、インターネットインフラの構築など、仕事は多岐に渡ります。いつか挑戦してみたい仕事は、デザイン性の高いホームページを自分でつくれるサービスの開発。使いやすいものにブラッシュアップできたらと思っています。



同じ分野の記事を見る!

情報工学系の全ての記事を見る

このページのトップへ