ホーム > みんなのQ&A! > 大学 > 研究室ってどんなところですか?

みんなのQ&A!

ハピテク

【質問】研究室ってどんなところですか?
大学での研究室では、どのようなことを行うのでしょうか?
カテゴリ : 大学 | 質問者 : よくある質問 | タイプ : その他 2009年06月22日 17:14
【回答】 研究室の仲間は人生の宝物
研究室に入ると、卒業研究のテーマを何にするかを決めていくことになりますが、その研究室で継続中の研究テーマから選ぶ場合と、自分の興味を優先した新たな研究テーマを卒業研究に選ぶ場合とがあります。後者の場合は、希望の研究テーマが先生の専門分野からかなり異なっている場合等は、受け入れられないことがありますが、これも先生との相談ということになるでしょう。
研究テーマが決まれば、研究目的にあった、実験計画、そして実験によって得たデータを分析し、考察し、さらに実験計画を立て、同様な繰り返しをしながら、何らかの結論を得ていくことになります。
研究イメージとして農学の果樹分野での一例をあげてみますと、「梨の実をならす枝を人為的に決めることができれば、大変収穫するのにも手間が省け、効率が良い」。そこで、果物が実をつけるメカニズムを勉強したり、同種の過去研究論文、文献を探したりしながら、ある物質の量が実をつける枝、箇所に影響があるかもしれないと考え、その物質の量の変化が影響しているかを検証することになります。その検証のために、実際の梨の枝から特定の物質を抽出して計測する実験が繰り返し行われ、そのデータを分析し、考察していくこととなります。
この間、先生に自分の考え方、実験方法などを聞いてもらいアドバイスを受け、また、研究室内メンバーで週1回程度行われる研究経過報告会においてディスカッションをするなど、研究のプロセスで様々なハードルをクリアしていかなければなりません。そんなときに助けになるのが研究室の仲間たち。様々なことを話し、時には大いに遊び、研究以外でも喜びもつらさも共有してくことができるのが研究室の生活です。そのような経験を深くすればするほど、「最も思い出になったものは?」の問いに、研究室生活と答えることが多くなるのだと思います。
カテゴリ : 大学 | 回答者 : ハピテク | タイプ : その他 2009年06月22日 17:16
【回答】 1年次からやりたい研究を模索
理工系学部で学び社会人になった人に、「大学生活で一番思い出になったことは?」と聞いてみると、かなり多くの方々が、研究室での生活と答えます。高校の延長線上で考えられないことの一つは、大学の先生が大学内に研究室を持ち、研究活動をしていることです。一人の先生が数多くの研究テーマを併行して取り組んでいることが多く、その研究テーマも多種多様です。学生は大学の3年次になると、研究室に何らかの形で顔を出すことになります。入学定員数が少ない国立大学では、3年次から研究室に所属することが多く、学生が多い私立大学では、4年次から研究室に所属することになります。ただし、4年次からの研究室配属の私立大学においても、3年次からゼミという形で、研究室で行われる授業科目に参加したり、3年次から研究室に所属したりすることができる大学も一部にあります。
それでは、研究活動について少し説明してみましょう。それぞれの研究室には、主として研究をする分野があります。そして、その研究室で、毎年継続して取り組んできた研究テーマがあります。学生は、所属する研究室を選ぶときに、当然、興味のある分野、研究テーマを行ってきている研究室を希望することになりますが、その情報は、1年次から紹介されることが多いですが、研究室配属の直前に、研究室ガイダンスでより詳しく知ることになります。
カテゴリ : 大学 | 回答者 : ハピテク | タイプ : その他 2009年06月22日 17:15
3 points

※この質問ページが役に立った場合、左のボタンを押してください。

質問のカテゴリ一覧

  • 大学
  • 勉強方法
  • 就職
  • 学科
  • 学費
  • キャンパスライフ
  • その他

このページのトップへ>>


未来研究所 先輩からのメッセージ 現役理工系ガールのぶっちゃけバナシ!