ホーム > みんなのQ&A! > キャンパスライフ > 理工系のキャンパスライフって、どんな感じですか?

みんなのQ&A!

ハピテク

【質問】理工系のキャンパスライフって、どんな感じですか?
授業以外では、みなさんどんな生活をしていますか?
カテゴリ : キャンパスライフ | 質問者 : よくある質問 | タイプ : その他 2009年06月22日 16:35
【回答】 授業が忙しくても時間をやりくりしてエンジョイできる
クラブ活動では、最終授業時間帯に実験科目が置かれていることが多いので、1年次から3年次まで全員が集まる時刻が、かなり遅くなることがしばしばです。したがって、全員が集まらなければ練習が難しいチームプレイの運動部など、特に冬の期間は、夜間照明が灯ってから練習が始まることが少なくありません。
理工系学部生は、なかなかアルバイトに使える時間の確保が難しいという声を聞きます。確かに、時間割が詰まっていて、遅くまで大学にいることが多い理工系学生は、定期的なアルバイトがしづらいでしょう。しかし、現実的には、週2回程度バイトをしたり、少し遅くからの仕事をしたり、家庭教師を引き受けたり、休み期間中にバイトを集中させたりしていますので、やりくりをすれば可能と言えるでしょう。
生活上、どうしても定期的なバイトをする必要があるのであれば、強い意志を持って、がんばってみることだと思いますが、休みの日、休み期間中に集中してバイトをして、普段の日はやらないという方法もあると思います。
カテゴリ : キャンパスライフ | 回答者 : ハピテク | タイプ : その他 2009年06月22日 17:00
【回答】 クラスのない大学では居場所探しから
まず、休み期間ですが、多くの大学が、年に約4か月間、3分の1が休み期間です。これは、理工系学部であっても同様です。クラブ活動に専念する、アルバイトをしてお金を貯めて毎年海外一人旅に出かける、研究に没頭する、資格を取ることに専念する、ボランティア活動を行う等、いろいろとあるでしょうが、4年次の終わりになって何をやって過ごしたかわからないということだけは、避けたいものです。
さて、学生生活は、いくつかに分けられます。大学での勉強生活、勉強以外の生活(クラブ活動ほか)、プライベートな時間での生活(アルバイトなどを含む)の区分ができます。
おわかりのように、大学ではホームクラスがありません。学生一人ひとり時間割が異なり、高校までのクラスの皆といつも一緒という生活とは、かなり異なったものとなります。ある意味で、自主性が必要になるとともに、自分だけの生活パターンが自然に出来上がってくることになります。
朝一番の授業から夕方最後までの授業を最大限受けて、週5日間という時間割はまずありえません。1日のうちに空いている時間帯ができ、この空き時間の居場所ということが問題になります。多くの学生は、学内の食堂、喫茶室、図書館、パソコンルーム、談話室、そしてクラブハウス等にいることが多いようです。そこで、時間割の似た友人が自然とでき、授業などの共通の話題で盛り上がっている光景をよく目にします。
また、理工系学部は実験科目等が少なくありませんので、5人前後のグループに分かれ授業に参加することが多くなります。その意味では、小グループでお互いに話し合いながら実験等を進めますから、ここでも友人はわりに早くできてくるというのが一般的です。
理工系学部の場合、女子学生が比較的よく集まる場所が自然にできてくるようです。女子専用施設があればなおさらですが、所属学科の女子学生のみならず、学部、あるいは大学全体での女子学生同士の交流は、どの大学でも盛んなようです。
カテゴリ : キャンパスライフ | 回答者 : ハピテク | タイプ : その他 2009年06月22日 16:59
9 points

※この質問ページが役に立った場合、左のボタンを押してください。

質問のカテゴリ一覧

  • 大学
  • 勉強方法
  • 就職
  • 学科
  • 学費
  • キャンパスライフ
  • その他

このページのトップへ>>


未来研究所 先輩からのメッセージ 現役理工系ガールのぶっちゃけバナシ!